無料ブログはココログ

2012年2月 5日 (日)

冬の読書

このところ週の前半は、ほぼホームヘルパーになりつつある。

「介護の1日」というスケジュールを義母の部屋に貼った。

着替えやおやつの時間、食事の時のエプロンやタオルでの顔ふきなどほぼ入院中に見た介護士さんたちをまねて義母に合わせて作った。

認知症が少しづつ進んでいる中で義母の「うちが一番だよ!」という言葉に少しでも答えようとしている。

週の後半は、お店の仕事があるのと土日、シフトの関係で仕事が休めないので義母にショートスティを利用してもらっている。

だから週の後半の夜は少し本が読める。

本屋のオバさんである私だがお恥ずかしい話あまり読書していない。

ブログでお世話になっている皆さんの読書量に感謝しつつ励まされている。

このところ「ドライアイ」が進みほぼ1日4~5回目薬のお世話になっている。

でもツレのダンナは、月20冊以上本を読んでいる。ほとんど文庫本のようでいつも亀のように這いつくばって布団の中で読んでいる。

たまには、介護を代わってくれ!と叫んでいる。

さて、読んでいる本を紹介できるか?と言えば少しきつい。月に1~2冊がいいところだから大きな声で言えないのだ。

それに本はそれぞれ好みがあるので「・・・・へぇえ○○読んでいるんだ???・・・・」ということになると思うから。だからダンナがどんな本を読んでいるか知らないし知ろうとも思わない。

そういえば先日、物置を片付けていたら美術本の「ダリ」や「フェルメール」(真珠の耳飾りの少女)が出てきた。また「堀 文子」の画集これは、30代に買った本だが好きで取ってあった。

ダンボール箱には、昔の本がぞろぞろでてきた。年齢からすると少しづつ処分する時期になってきた。

どうしても取っておきたい本だけにしなければと思う。今年の課題が見つかった。本を処分しよう!

さて、タイトルに戻って24年1月から買って読んでいる本、たった2冊?ひとつは、

  『暇と退屈の倫理学』(朝日出版社) 國分 功一郎著

各章「暇と退屈の○○学」が載っている。哲学系だが退屈しないし一般人の私にも面白い。中島 義道氏ほどのアクの強さがないのがいい。

暇でも退屈でもない私が読んでいる。哲学の授業のことを思い出した。

ほんとにつまらない授業で単位のためだけにでていた。最初は、1クラス目いっぱいいた学生も1カ月後には、数人になってしまった授業やはりアリストテレスもカントもルソーもどうでもよかったのだが。

あまりにも少ない学生に友人と面白いのでどこまで続くか最後の授業まででてやろう!ということになった。根気比べだったのだが。。。。

最後のころには、少しづつ哲学らしき面白さがわかってきた気になった。今で言う「准教授」だった彼はその後どうしているだろうか?

次は新聞の書評に載っていたので面白そう?かなと思って買った。

『絶望の国の幸福な若者たち』 ( 講談社 ) 古市 憲寿著 

著者は、26歳ぐらいの若いドクターコースの学生である。

社会学の分野で「若者」というくくりで現代の同年代の行動や価値感を分析している。就職難や年金問題など難問を抱える彼らだが過去の若者より「幸福」を感じているのは、なぜか?

どちらかといえば枠が広いのとフィールドワークで現代の若者の実態をデータ化?しているのだろうがう~ん!おばさんには、分かりづらい。

多少現実の若者の実態が分かったような(錯覚)気になっている。

最後の章で著者の高校の後輩「佐藤 健」(俳優 埼玉県出身)との対談が載っている。

ミーハーな私は、そこから読んでしまった。

というわけでどうでもいいような冬の夜の読書話になってしまった。

では、寒い夜風邪などひかないように

おやすみなさい。。。。。。

2011年10月15日 (土)

読書の秋ですが・・・・。

ようやく本を読むに適した季節がやってきましたね。

当店でも落ち着いてじっくり本を選んでいるお客様が増えました。しかしこのところ地元の書店が閉店したというお知らせを聞くようになりました。

皆さんは、どう過ごされていますか?私は相変わらずお店と事務所で仕事をしています。日曜、祝日は、ほとんどお店番になります。

さて、当店では、数年前から店頭で絵本の読み聞かせを月1回始めました。先日の土曜日に「お話会」をしました。。

ボードやカーペット、当日のプレゼントにプログラムなど準備が大変ですが子どもたちに会えるので苦になりません。

今回は、業界誌に当店の読み聞かせの様子を載せるためダンナがカメラマンとしてたくさん写真を撮ってくれました。取材は、予算縮小で電話でとのことでした。

以前フランチャイズ契約して学習塾を経営していた時も取材がありました。その本は、流通している「商業界」という雑誌でした。

でもその本処分してしまい今はありません。

さて、今回の「お話会」は、読書の秋ということで事前にどうしても読みたい本ということで

『100万回生きたねこ』佐野洋子著を選びました。

161

いつもきてくれている子どもたちは、小学3~5年生です。

ひまわり学級の子どもたちです。とても純粋で反応が楽しいです。

160

佐野洋子氏のエッセイは、へそ曲がりで少し無理しているようで心がほんのりするぐらい彼女の生きざまがいっぱい詰まっています。

上記の『100万回生きたねこ』の中に出てくる100万回死んで100万回生きたねこの話ですがタイトルからして彼女らしいですね。

お話会にきてくれた子どもたちの反応もすごく良く一緒に付き添ってきた先生たちも「すごく哲学的な絵本ですね!」という感想をいただきました。

佐野洋子氏は、2年前乳がんで亡くなりました。最新刊『死ぬ気まんまん』光文社 から出しています。エッセーですからとても読みやすいです。

「あたし、まだい~っぱい言いたいことがあるのよ」という彼女の毒説がたっぷり入っています。

その他『役にたたない日々』 (朝日文庫)や『そうはいかない』(小学館)彼女の周りにいる愛すべき奇人変人たちを独特の文体で書いたエッセーで彼女らしさがよく出ています。

再度大ヒット絵本『100万回いきたねこ』を読むと少し彼女に近づけるかもしれません。

秋の夜長皆さんはどんな本を読んでいらっしゃいますか? 

2011年6月 5日 (日)

絵本の話

ご無沙汰しております。

ここ2週間ほど目の調子が悪くPCにさわることなく過ぎてしまいました。

たぶんドライアイが進んでいるのかもしれません。

さて、梅雨の季節を迎えてしまいました。

孫に買ってあげた傘があまりに小さくて可愛いのでカメラに収めました。

047_2 048

紫の傘は、私の傘です。雨にぬれるとサクラのはなびらが浮かんできます。

そして隣は、孫のミニーの三輪車です。だんだんこんなものが増えていきそうです。ほとんどスポンサーになっています。

先日、娘からメールが届き

「『あめふりうさぎ』 の本どこかにしまってなかった?」

娘の元部屋は、いま物置状態です。でも確か絵本数冊残っていたはずです。

こどものころ本屋の子どもだった彼らは、絵本に事欠なかったのです。

買い揃えてあった絵本は、姪にあげたり保育園や幼稚園に寄付してしまいました。ダンボールで数箱あった気がします。

しかし、少しだけ娘がとっておいた絵本があります。

そして昨日の夜、連絡してきた絵本を見つけました。いくつか思い出の絵本の紹介させていただきます。                                                       

052

「あめふりうさぎ」  せなけいこ 作  新日本出版社

050

ダンボールの隅に残っていた絵本たちです。051

「猫の事務所」偕成社  宮沢賢治作

わりと新しく発刊された絵本です。とても哲学的な絵本です。

055

「ちいさいモモちゃん」は、毎日寝る前に読んであげていた本です。

「のはらうた」は、娘が自分で買ったのだと思います。

054 これらは、福音館書店のこどものとも・かがくのとも

という月刊誌だと思います。1980年代にとっていた絵本です。

本好きな娘と正反対なドラ息子は、ほとんど外で遊んでばかりでクワガタやカブトムシ、ザリガニ釣りという超田舎の子並みでした。

よく

寝る前に読んで上げていたのですがそれぞれ違う方向に進んでしまいました。マンガでいろんなことを理解し、活字が面倒くさいドラ息子でした。

そして最後に孫娘が最近みている絵本です。

「ねずみくんのチョッキ」は、子どもたちが小さいころに買ったものです。

というわけで雨の季節、絵本が活躍しそうなこのごろです。

私は、早く目を治さないといけないのですが

056

2010年12月26日 (日)

2010年のベストセラー

今年も残りわずかになり皆様大忙しですね。

書店業の私は、3時間ぐらい仕事をして自宅に戻り家の掃除をするという日々を送っています。

昨夜は、換気扇の掃除を済ませ、キッチンもどうにかスッキリしました。

冷蔵庫は、11月にやっておいたのできれいです。

まだまだ浴室や洗面所、玄関、外階段など数日かかります。

その間に銀行に行くことや月末請求書の作成と集金があります。

右脳と左脳をフル回転させて頑張ります。 

さて、そんな本屋のオバさんですが恒例の年間ベストセラーをご紹介いたします。

<総合編>   フィクション・ノンフィクション含めて

①  もし高校野球の女子マネジャーがドラッカーの『マネジメント』を

   読んだら   岩崎夏海  ダイヤモンド社

② 巻くだけダイエット  山本千尋  幻冬舎

③ 1Q84  (3) 村上春樹   新潮社

④ 体脂肪計タニタの社員食堂 タニタ 大和書房

⑤ 伝える力   池上彰    PHP研究所

⑥ 知らないと恥をかく世界の大問題   角川

⑦ くじけないで  柴田トヨ   飛鳥新社

⑧ 新・人間革命(21・22)池田大作  聖教新聞社

⑨ 1Q84 (1・2)  村上春樹   新潮社

⑩ マネジメント   P.Fドラッカー     ダイヤモンド社

その他   天地明察・  神様のカルテ ・ 親鸞・ 母ーオモニ等があります。

仕事上、ベストテンの書籍は、一応目を通しました。

『くじけないで』高齢の著者の作品を世に送り出しヒットさせた版元さんに拍手です。タニタの料理本がこんなにヒットするとは、誰も信じられないことでした。地味な本なのにマスコミで紹介されロングセラーになりましたね。

年末・年始TVもいいのですがちょっと飽きてきたら是非まだ読んでない本を手に取ってみてくださいね。

    そしてもう一つ日経流通新聞より「ヒット商品番付」 サービス編から  (サービス・エンターテイメント業界から)

   横綱   3D映画  「 アバター 」の大ヒットと3D

   大関   おまけ本  宝島社が火をつけた。付録にブランドバック

               つきにして大ヒット

   関脇    平城遷都

        1300年祭

 

   小結   イーストワンダー

        ランド

   前頭   女子会プラン  女子だけの飲み会?

        プール   今年の夏は猛暑だった

 

       くじけないで  柴田トヨさん(99)の初の詩集

                90万部発行

       ビジネス英会話教室

        電子書籍  端末や配信サービスが始まり書店の今

                   後は、どうなるの?

        ハウステンポス  

ということで書店関連の内容が3点入っていました。

今年を振り返っても同じような日々でしたが景気の低迷からか書店業界も厳しいものがありました。

しかし、常に前向きに今できることからコツコツと歩んでいきます。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。

では、本屋のオバさんお店から自宅に戻り片付けをします。

2010年12月15日 (水)

kagerou(ポプラ社)

今日発売になった例の「KAGEROU」(齋藤智裕著)は、マスコミの影響か朝からすぐ売れた。

予約数も40万部とかでどれくらい売れるか気になる。

特に若い人、男性の読者も多いという。お母さんがお子さんに頼まれて朝から買いにきた。

取次から入ってきた冊数は、午前中にしっかり売れてしまった。

少し前に「ハリポタ」が期日限定販売や注文予約販売などで売上数を伸ばした時以来な気がする。

このところ「電子書籍」の話題が多く、中小書店のほとんどが消えてなくなるのでは、ないかと言われている。

雑誌も書籍も売上前年度割れが続いているがすこしでも「水嶋ヒロくんの活躍いや知名度に感謝!感謝!です。

特に普段あまり本を読まない若い方がこの本を読んでいただけることがうれしいです。

という私は、朝商品をちょっとのぞいた程度でした。

打ち上げ花火のようにすぐ終わらないことを願っているオバさんでした。

2010年9月22日 (水)

老いをみつめる

先日、ご来店のお客様が城山三郎著 『そうか、もう君はいないのか』新潮文庫をお求めになられた。

ハードカバーは、だいぶ前に出ていたが8月に上記の本が文庫になった。

彼女は、60代後半の華やかなで可愛い奥さまという感じだった。

そして1年前に旦那様をガンで亡くされたという。

この本は、城山三郎氏が亡くなった奥さまをしのんで書かれた作品でお二人の愛情あふれる生活や感謝がつづられている。

さて、くだんの彼女は、「私ねぇ、もしひとつ夢をかなえてくれるとしたら夫を一日この世に返して欲しいの」とおっしゃった。

「そしたらいっぱいいっぱいキスしてあげるの」なんと可愛いひとなのだろう!そして「アナタまだ若い?からわからないかもしれないけど旦那様大事にしてあげてねぇ。いつまでも旦那様と一緒にいられると思っているけどそんなことないのよ!」

なるほどねぇ・・・・。喧嘩ができるのは、お互い生きているからなのかもしれない。元気なうちは、健康のありがたさに気付かないのと同じなのかもしれない。

次に私の従姉(いとこ)といっても77歳だからかなりお姉さんだが・・・・。

私のことを○○ちゃんと呼んでくれる。それに彼女の息子と10歳ぐらいしか違わないのだから・・・。

その従姉のダンナさんが20数年の間にいろいろなガンに罹りながら克服してきたがとうとう脳腫瘍になり先日亡くなった。

告別式後、数日して弔問に行った。夫を亡くした後なので精神的にとても落ち込んでいたようだ。

もう少し生きていて欲しかったという思いにあふれていた。彼女の思いを1時間近くただ黙って聞いてきた。

彼女は、生まれ変わってももう一度だんなさんと一緒になりたいと言った。なんともうらやましいことだ。

私はできれば違う人生を歩みたいのでダンナにご遠慮願いたい!と思う。

いまだから言えるのかもしれない。ダンナに大きい声では言えないが。

そしてダンナの従姉の話である。伯父が先日亡くなったのでお彼岸を兼ねてダンナと一緒にお線香をあげに行った。

神奈川なので一日がかりだが・・・。義母の兄なので従姉もダンナより少し先輩である。彼女は、いろんな事情で両親のお世話に追われ、独身のままだった。

数年の間に両親を亡くし、一人になってしまった。これでやっと彼女は、自由になれたと思ったがどうしてよいか分からないのだとか・・・。

お金も時間もあり自由に動けるのに何をしてよいのか孤独との戦いが始まったという。

 この有り余る時間との戦い伯父さんの介護から解放されたがどう立ち上がるか体力がいるという。

だからジムに行って鍛えてから歩む道を探していくそうだ。

彼女の自宅は、インテリアや小物などとても洗練されていて魅力的な生き方ができると思えた。

ここ2カ月ぐらいの間に出会った女性たちの老後に幸あれ!と願っている私がいる。

そういう私も還暦になったのだった。他人事でなくなってきたのだ。

2010年8月28日 (土)

大人の時間

このところ時間に追われて少し余裕のない日々を過ごしていました。

朝夕の犬の散歩もダンナが気を利かせて6時すぎに行ってくれました。

還暦なんて今の時代まだまだワカイ!と思っていました。

でも現実的には、肉体が変化しているのです。足腰は、歩くことにより多少なんとかなりますが記憶が飛んだり、物忘れなんてことも出ています。これも仕方ないことです。

さて、このところベストセラーになっている『くじけないで』 柴田トヨ著(飛鳥新社)の詩集に励まされました。

現在98歳で一人暮らしを続けながら詩を書いた著者の作品にこれからの人生の生き方を学ぶそんな詩集です。

決して難しい言葉でなく自然や家族など身近な話題から心豊かに生きる知恵がたっぷり詰まっています。

からだが思うように動かなくなってつい愚痴がでてしまうことが多くなった年齢です。

著者の柴田トヨさんは、過去の思い出や家族や友人はじめヘルパーさん、介護に携わる方々に感謝しながらゆっくり詩を書きながら人生を楽しんでいます。

義母は、からだが思うように動かないつらさや記憶が持たないじれったさについ愚痴がでてしまいます。気持は分かりますが。。。。

 「おばあちゃん、お友達は、みんないなくなったけどまだ元気でいるし、ご飯も食べることができるんだからねぇ。。。」

「今日一日楽しかったことを探してみようねぇ」

たぶんそんなにうまく楽しいことが見つかるわけないけれどと思いつつ日々戦いが続いています。

ダンナは、息子として母親を支えているのでしょうが現実的にほぼ私が病院へ送っていったりディサービスの準備等しなければいけません。

気分転換をしながら「大人の時間」を過ごしていきたいと思うこの頃です。

本物の「大人の時間」を楽しめるように本屋のオバさん、今日も仕事をしています。

2010年7月31日 (土)

洋書絵本

先日、お茶の水で「洋書絵本の勉強会」がありました。

当日は朝9時過ぎに半年ごとに受けている「乳がん検診」を済ませその後遅い朝食をとってから都内へ向かいました。

検査の関係で朝食抜きだったこともありまた暑さでくたくたになりながらの勉強会でした。

本屋のオバさんである私もときおり学習会に出かけます。

今回は、「洋書絵本」ということでちと苦手でした。

第一当店では、「英語の絵本」と関わることなんてほぼないのですから

一応英語研究校から児童用洋書絵本が数万円注文いただきましたが書名がちんぷんかんぷんです。

来年から小学校で英語教育が実施されるようです。現場の先生も大変ですね。

さて身内話で申し訳ありませんが娘がネットで(我が家は書店なのですが?)洋書絵本を注文しました。

彼女いわく若い女性に今自分用に「絵本」を求めるのが受けているとか・・・。

最も娘はし~ちゃん用に購入したのですが。

こんな本です。  ペーパーブック

White  Rabbit's  Color Book

002 うさぎがリアルです。003 004 005 006

『Ten Little Ladybugs』  ボードブック

テントウムシの数が数字に合わせて変化します。

テントウムシが立体的で触れることができます。とにかくとても視覚的で

子どもたちに興味を持たせるような絵本です。

『Dear Zoo』

007 008 009

仕掛け絵本になっていますね。

010 011 何度も窓をあけて動物さんと遊べますね。

012 背表紙です。

ボードブック  

価格は、500円~900円ぐらいです。

絵本の翻訳本では、『はらぺこあおむし』 エリック・カール著

世界ナンバーワンの売れ筋絵本です。ロングセラーですね。

「どろんこハリー」とか「たいせつなこと」「ラヴ・ユー・フォーエバー」など

ベストセラー絵本の翻訳本がいっぱい出ています。

でも日本の作家さんの絵本もすばらしいものがありますよ。

絵本は、いくら「電子書籍」が活躍してもたぶんなくならないような気がします。

さわる・なめる?・ページめくる間とか・生のお母さんの声と絵本のコラボなんていつの時代でもぬくもりがあっていいですね。

予断ですが勉強会では、販売コーナーの設置や「お話会in english]

来年度の英語教育へ向けて保護者にお薦めする絵本の勉強会でした。

2010年7月18日 (日)

夏のブンコ検定2010

もうすぐ夏休みですね。

お子さんのいる家庭では、長いお休みがちょっとタイヘン!なんてこともあるのでしょうか?

中学生のお子さんは、部活や夏期講習とか結構忙しいですね。

本屋のオバさんは、夏の間外商が少しお休みになるので楽です。

さて、夏休みの宿題として「課題図書」なんてものが出ているかもしれませんね。

夏といえば文庫。名作から話題作まで、もう一度、あの文庫を読んで検定に挑戦しませんか?

取次の日販が主催の「夏のブンコ検定2010」(7月16日~8月31日)が始まりました。(受験無料)

検定は、「発見!角川文庫2010」 「集英社文庫ナツイチ2010」 「2010新潮文庫の100冊」から出題されるそうです。

 《例題》

夏目漱石の代表作の1つ『こころ』で、学生である「私」が「先生」と出会った場所は?

① 倫敦 ② 雑司ヶ谷 ③ 鎌倉  ④ お台場

      答えは、WEBで!

 夏のブンコ検定      検索

では、皆様のチャレンジをお待ちしております。

※  前回のブログ記事、内容を変更したのですが都合により

削除させていただきます。2007年のブログ記事も先週に削除しました。

コメントいただいた皆様、申し訳ありません。

コメント部分だけ保存してありますので。

今後、内容に注意して「本屋のオバさん、今日も行く」5年目に向けて頑張ります!(*゚ー゚*)

2010年2月 9日 (火)

この頃~   読書案内

ニッパチなんて言葉もいらないくらい書店業界ももはや厳しさは、うなぎのぼり?だ。

うなぎのぼりという使いかたは間違っているが・・・・どちらかというとマイナス○○度という感じだ。

先日も書店仲間のブログに「キンドル」や「アマゾン」などの話が載っていた。時代とともに活字から電子機器へ世の中全体が流れていくのが見えている。

書店という役目が今、問われているのだ。商品知識や接客態度、特に何を売りたいかなど店内の改装も予定しているので次世代への橋渡しのためにもう一度棚構成や商品入れ替えなど検討していく。

 

 さて、そんな思いとともに外商のほうは、新学期体制で高校入試が終るとともに「入学説明会」が始まる。

高校教科書の販売、電子辞書、学習参考書など慌ただしく仕事が押し寄せてくる。

児童数や生徒数が年々減っているなかで書店としても役割をとつとつと進めていくことだが・・・・・・・。

 そんな仕事がらみの愚痴ともつかない日々の生活は、それなりに続いている。

最近、自分用に購入した本に

  PHP研究所 『ぼくたちはなく』  内田麟太郎詩集 

本屋さん仲間のブログか本好きのかたのブログか?わすれたが紹介されていたのでどうしても欲しくなり注文した。

 『きんじょのきんぎょ』も楽しい詩集だが内田氏の哲学が奥深く詰まっている。

絵本作家さんでは、「長谷川義史氏」も大好きな作家さんだ。このところ「おはなし会」でどういうわけか自分の好きな作家さんの本を読んでいる。

そして先月末にポプラ社で「絵本カフェ」~作家先生と話そう~という機会があったが都合で行けなくなってしまった。

 『クラウディアのいのり』  ポプラ社 村尾靖子・文 小林 豊・絵

小林氏が当日いらっしゃることになっていたが残念欠席した! 

この本は、事実を元に作られた作品で日本人の兵士(シベリアに不法に抑留された)と地元で知り合ったクラウディアという若い女性(幼い頃戦争で家族を失った孤児)との出会いと別れのストーリーです。

 読み聞かせとしては、「老人介護施設」向きかもしれない。

戦争で引き裂かれたそれぞれの家族の長い時間が作品の絵とあいまって深く心にしみる物語です。

さて、働かなくちゃ!本屋のオバさん、これからも楽しく仕事していきます。

梅がチラホラ咲きだしましたね。もうすぐ春ですよ!(o^-^o)

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28