無料ブログはココログ

2010年5月29日 (土)

iPad発売と書店の今後

28日に発売になったiPadにマスコミがこぞって「電子書籍元年」だのペーパーレス社会などセンセーショナルな話題として取り上げた。

かつて「石炭」から「石油」に代わりそしてECO社会の推進で「エコカー」電気自動車へ今まさに時代は動いている。

それを考えればキンドルの発売からようやくiPadのきれいさ見易さから短時間に日本中に普及することが確実視されている。

書店業界では、指をくわえて見ているわけでないが

業界ルートには

① 出版社(版元)・著者   編集 、印刷、 製本等の世界

② 取次 国内では、ほぼ90%東販 (トーハン)と日販 (ニッパン)の2社で書店への配

  本、集金等を取り扱っている。

③ ルート配送業者を通じて 書籍および週刊誌、月刊誌など雑誌類が毎日書店に入荷

  してくる。

④ 店頭に紙製品の書籍や雑誌が入荷し、棚や平台に並べられる。

⑤ 読者に届く。 あるいはア○ゾ○の場合②から⑤に即届く。

iPadで購入する本では、①?(印刷・製本を除く)から⑤に数秒に届いてしまう。

そして安い。薄くて持ち運びやすい上に最大数万冊入っているデータを検索でき利用できる。なんて便利なものだろう。

高校生向けに電子辞書が出てきたときにそれほど違和感なく販売していたがiPadも同じように短期間に普及していくのだろうか?

紙には、紙のよさも確かにあるのだがマスコミでは、これからは、図書館も書店もなくなると書いていたが・・・・。

当店も岐路に立っていることは、事実だがこれまで書店だけできたわけじゃないのである程度違う方向に向かって仕事が変化していくだろう。

過去に「印刷業」「運送業」「新聞販売店」「火薬銃砲取り扱い」「不動産業」など明治・大正・昭和と時代の流れにあわせて仕事をしてきたので今必要とされている仕事にまい進しるしかないと考えている。

いずれにしてもiPadでもよいので本を読む人が増えてくれることを願っている。

それぞれのよさがあるのだから・・・・。

ただあと5年後にどう変化しているかう~ん!難しい。

今回も結論もなく流れに任せた文章で失礼いたします。

2008年9月25日 (木)

あなたは、田舎暮らしができますか?

少し前に出た本で『里山ビジネス』玉山 豊男著  集英社新書 (¥714・税込)に興味を持って読み始めた。玉山氏は、以前よくTBSで土曜日夜の番組「ブロードキャスター」にコメンテーターとして出ていた方だ。

玉山氏が素人にして「ワイナリーオーナー」になってそばに「レストラン」まで作って経営者になってしまった話である。

誰もが絶対やめたほうがいい!という忠告も無視して見事に成功してしまったと言う。

割の合わない里山で熊しかこないような場所にワイナリーとレストランを作ってしまったのは、ナゼ?

普通、素人が手を出さないような場所に何とワイナリーを建てるなんて信じられない。

玉山氏は、お若いときにフランスに留学されていることや旅・料理・ライフスタイルなど幅広い分野のエッセーを書いているのでどちらかというとインドア派の感じがしていた。

2004年に長野県東御市に『ヴィラデスト・ガーデン・アンド・ワイナリー』を作られた。

今ごろ行くといいのでしょうか?もうブドウは、終わりに近いかもしれない。Cocolog_oekaki_2008_09_25_20_22

山梨から届いたブドウを食べながら『里山ビジネス』を読んでいる。

もう一冊『田舎暮らしができる人できない人』も出ている。

団塊世代が定年退職されて晴耕雨読の生活なんてあこがれるかもしれないが現実は、厳しいこと。

私はもともと田舎出身ですので田舎暮らしに憧れは、ない。(絶対に!)でもガーデニングは、大好き!

商い・飽きない・厭きないなんてね。どんなことも継続することが大切とか。

本屋のオバさんから田舎のオバさんになっているかもしれません・・・・・?

一度、長野の玉山氏のレストランを訪れてみたいなぁ~と思っている。

2007年12月 7日 (金)

C型肝炎と薬害問題

長い間、雑誌を購読いただいているSさんが久しぶりにご来店になった。

毎年この時期に「婦人の友」の絵画カレンダーを注文されることと「明日の友」という健康雑誌をお取りいただいている。

彼女の話によると数年前に「完治」したといわれた「C型肝炎」がまた少し暴れだしたとか?20年近く彼女は「C型肝炎」と戦ってきた。発症のころは、なぜだか分らなかったようですが手術時の輸血が原因とか毎月お店に見える時は、「今日お医者に行ってきたのよ」と言う。

とにかくとても時間がかかり治療が大変だそうです。実際に現在病気と戦っている多くの「C型肝炎」の患者さまに何と申し上げてよいか分りませんが少しでも安心して生活できるようお祈り申し上げます。

先日Sさんがご来店の折、年齢をお聞きしたら「この間90歳になったのよ」とさわやかにお答えになった。「お若いですね。70代か80代前半ぐらいだと思っていました」と言うと彼女は「この年になると年なんて関係ないのよ」言われた。

彼女の話によると人生で一番辛く悲しいことは、娘さんを31歳の若さで心臓病で亡くされたことだそうです。

もしも叶えてもらえるなら「娘さんにもう一度会いたい」と言っていた。しかし、子どもさんの分まで長生きされたことは、幸せなことなのかもしれない。

彼女は、いまでも本を読み、精神的にもとても強い方のようです。

どうぞ長生きされていつまでもお店にいらっしゃってくださいませ。

2007年10月25日 (木)

ショック!

小さな書店でも一応法人としてやってきた。今回の決算で50期です。その前は、個人商店でした。

午後から税理士の先生がきました。今回の決算の結果報告と事業内容の検討など社長と経理を担当する私とで事務所で会議でした。

結果は、赤字でした。昨年は、黒字でしたが今回は、特に厳しくなりました。学校関係の売り上げが落ちていることや雑誌や書籍の売り上げ低迷など・・・。

どこの書店も同じような状況が続いているようです。情報誌関係の出版社も厳しくなっているらしいです。PCや携帯での情報がすぐ手に入るからかもしれません。

マイナス要素を探せばいくつも出てきますが、読者へのサービスをもう一度を改め

読者の人生が豊かになるような出会いを提供できるお店になりたい。(ちょっとオーバーかもしれませんが、気持ちだけは、大きいのです)

甘えていられない。負けたくないから!!!

税理士に「今が変われるチャンスなんですよね」と言う。原点に返り書店に限らずお店を今後どうしていくかが問われている。

ちょっとショックな一日でした。明日からガンバルゾー!

2007年8月 4日 (土)

for the earth~

先日、スーパーのレジが混んでいて、ふと見るとレジそばに「あなたは、地球のために何かしていますか?」と書いてありレジバック持参の案内がしてありました。

さて、ついこの間あんなに大騒ぎしていた○○というバックメーカーの「エコバック」を購入されたかたは、その後どうしているのでしょうか?

マスコミの影響でしょうか?当日にはヤフーオークションへの出品が相次いだそうですが。2,000円代のバックが20,000円以上になってしまうのはどうなんでしょうか?

私は、社会人になってから学んだ大学で「環境政策」「社会保障制度」「地域環境問題を考える」など取っていました。

当たり前のようにゴミを出し、消費社会で自分だけ?が地球環境問題考えるなんてと人ごととして思っていたことがすっかり意識が変わりました。

私が使っている「エコバック」をご紹介します。

P8040242

郵便局の人にもらったものです。

P8040243 緑色のは、ジュンクドウ

(池袋本店)さんで読書週間の景品でいただきました。

茶色のものは、新潮社さんの「よんだ」パンダマークのついたバックです。

P8040244 最近よく利用しているネコの絵の

エコバックです。多分1000円ぐらいのものです。

このほかにも一枚ビニール製の袋を入れて持っていきます。

袋を持参するとポイントを入れてくれるスーパーや印を押してくれるところなどいろいろです。最近のゴミは、燃えるゴミよりプラスチックのゴミのほうが多くなっているような気がします。

別にバックを持っていったからといって何かが変わるものでもないかもしれませんが・・・。

自分なりの気持ちの問題かもしれませんが・・・・。

2006年10月17日 (火)

公開講座 Vol 1

 昨日、はじめて公開講座に出席した。

タイトルは「激変する日本の流通業界と地域商業の課題」

~主な流通業態の動向と商店街との競合、共生について~

という課題だった。久しぶりの大学で車で行くのに戸惑った。なんで道路は、こんなに混んでいるんだ!焦ると事故の元・・・・。落ち着いてと言い聞かせて大学に行く。

校門のところで「入構許可証」の発行をしてもらった。

 さて、久しぶりの授業、現場のコンサルティング専門家の話なのでオバさんにも多少理解(?)できた。教室には、8割現役大学生と2割の社会人いう人たちが熱心に聴いていた。

でもあつく語る講師に対し、後ろの席の学生はシラ~としていた。本屋のオバさんには、商店街の衰退やSC(ショッピングセンター)の成り立ち、消費者の動向など興味深い話で勉強になった。

ダンナに『資料』を渡して話した。今回の公開講座は、無料ですが興味のあるものだったら皆さん、是非お薦めです。

年齢とともに日常がマンネリ化して日々の生活に埋没してしまう自分がいる。同じように時間が過ぎることを当たり前みたいになっている。

焦ることはないが何かひとつでも楽しみ(?)を見つけて挑戦していけたら少し元気でいられる気がする。

 面白いこと、楽しいこと、うれしいことを見つけられたり、感じられたらいいな!

2005年10月14日 (金)

株成功術はあるの?

TBSと楽天そして村上氏がホットな話題になっていますね。

お店でも「経済コーナー」(少しだけしかないんですが)に株関連本が並んでいる。MOOK誌がこのところじゃんじゃんでている。

特に山本 由花氏「1株100円から始める株成功術(大和書房)1050円(税込)がヒットして以来(?)奥様がたや若い女性にも株への関心がすごくなった

私も、実は「株」少しやっている。でも、DAY トレーダーでは、ない。

このところ、塩づけ状態が続く。でも、一応株価はチェックしているよ!

オバさんは、基本的に仕事に関係するものや社会情報を得るためだから。

そういえば、学生時代に「金融論」の授業をとったが教官が「僕は、株はしません」「なぜなら、お金がないからです。」と言っていた。ー正解ー。

理論は分かっても実際先立つもの「お金」がねえ・・・・。

儲けという字は「信者」を作ることだと、どこかで聞いたことがあるーホントかな?

楽天さん、村上氏に注目ってとこかな?

最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28